女性が使うべきでない育毛剤の成分 フィナステリド–女性向け育毛剤成分比較ランキング

女性向け育毛剤成分比較ランキング > 女性が使うべきでない育毛剤の成分 フィナステリド

女性が使うべきでない育毛剤の成分 フィナステリド

育毛剤を選ぶ際に「無添加」や「植物由来」などももちろん大切ですが、効果を左右するのに一番重要になってくるのは配合されている成分がなにか、という点です。
自分の薄毛のタイプにあった成分が配合されている育毛剤を選ぶことで、発毛効果を高めることができます。

しかし、効果を高めるといっても女性の育毛剤には適さない成分もいくつかあります。
今回はその中でも触れることすら禁忌とされている成分「フィナステリド」について紹介します。

フィナステリドとは?

フィナステリドとは男性の薄毛治療の中では欠かせない薬で、内服する飲み薬としての利用が一般的ですが、育毛剤に配合されているものもあります。

このフィナステリドは男性ホルモンが抜け毛ホルモンに変化する際のスイッチ役となる酵素の生成を抑える効果があり、抜け毛を防ぐことによって毛髪サイクルを正常なものにして、成長する前に抜けてしまっていた髪の毛を減らすことが可能です。

フィナステリドの魅力は何と言っても効果の高さ!
男性特有の脱毛症であるAGAに効果のある薬として医学的にその有効性が認められているのは、ミノキシジルとこのフィナステリドだけです。
その中でミノキシジルは女性も利用できる成分ですが、フィナステリドは女性の利用は禁忌とされています。

ではなぜフィナステリドは女性が利用できないのでしょうか?

フィナステリドに触れると婦人科系の疾患が

それはフィナステリドには触れるだけで婦人科系の疾患がでる恐れがあるからです。特に妊娠中の女性が触れると、生まれてくる胎児の生殖器に異常が起こる可能性があります。

そのため女性や子供は服用だけでなく、触れることも禁止されています。仮に家族やパートナーがフィナステリドを使っていたとしても決して触れないようにしましょう。

ここで心配になるのがパートナーがフィナステリドを使っていた場合の妊活についてです。
フィナステリドの注意書きには特に性交渉の際は控えるような注意書きはないので、服用している男性との関係は問題ないと思われます。
しかし、女性には副作用が大きい薬ですので、できれば子供を望んでいる際はパートナーに服用を中断してもらうなどの配慮をお願いするのがよいでしょう。

副作用だけでなく女性には効果もない

また、フィナステリドは女性には効果がないこともわかっています。

というのも、男性の薄毛は男性ホルモンによる影響が大きいですが、女性の薄毛の原因はいろんな理由が。
例えば女性ホルモンのバランスの崩れや無理なダイエットやストレス、間違ったヘアケアや加齢などが主な原因ですが、これは男性の代表的な薄毛であるAGAとは原因が異なります。

そのため男性ホルモンに作用するフィナステリドを飲んでも薄毛が改善しないのです。
副作用だけでなく効果がないのですから女性はフィナステリドを使う意味がありません。

フィナステリド配合の育毛剤を見分けるポイント

このように女性は使ってはいけないフィナステリドですが、知らず知らずにフィナステリド配合の育毛剤を手にしてしまうことはあるのでしょうか?

結論からいいますと、この可能性はありません。

フィナステリドは処方薬として定められているので、市販されている育毛剤に配合はされておらず、医師から処方される薬でのみ手に入れることができます。
ですので、ドラックストアやインターネットで買える育毛剤に配合されていることはありません。

例外的に個人輸入という手段を使うとフィナステリド配合の育毛剤や薬を手に入れることができます。
それは海外の薬を輸入代行業者を通して個人で輸入して手に入れる方法ですが、この方法だと処方薬も手に入れることが可能です。

しかしこれは自分で個人輸入代行業者に手続きをして入手するものですので、自分の意志なしには購入することはできませんので、知らないうちにフィナステリドを利用することはありません。

市販の育毛剤やインターネットで買える育毛剤にはフィナステリドは配合されていないので安心して利用できます。