50代の女性用育毛剤選びのポイント–女性向け育毛剤成分比較ランキング

女性向け育毛剤成分比較ランキング > 50代の女性用育毛剤選びのポイント

50代の女性用育毛剤選びのポイント

「髪は女の命」なんて言われることもありますが美しくハリのある髪の毛は見た目年齢を若く見せてくれるますよね。
しかし、50代になると髪の毛の元気がなくなってきて、ボリュームも減り薄毛の悩みを抱える人が増えてきてしまいます。
ですから実年齢より若く見られるためには薄毛を改善して、美しい髪を取り戻すことが必要です。

この50代の薄毛の原因は年齢だけでなく、更年期症状によるホルモンバランスの変化や頭皮が固くなることが原因です。
ですから、50代にあった育毛剤を使用することで薄毛を改善することがかのうですので、原因を探って正しいケアで髪年齢を若返らせましょう。

原因1 ホルモンバランスの乱れ

女性は40代後半ごろから閉血に向かって女性ホルモンはどんどん減少していきますが、髪の根元をしっかりと支え美しさを保つのには女性ホルモンが大きく関係しています。
このためホルモンの減少によって髪の毛の元気がなくなり細く抜けやすい髪の毛に変化することで薄毛になってしまいます。

これは年齢的に避けられない部分ではありますが、適度な運動や食生活を見直すことでストレスも緩和され、ホルモンバランスを整えることができるのでこの影響を最小限にすることができます。
また、女性ホルモンに似た働きをする成分が配合された育毛剤や男性ホルモンを抑える働きをする育毛剤などでケアすることも大切です。

原因2 固くなった頭皮

年齢を重ねると頭皮が酸化してしまうのも薄毛の原因の一つ。
間違ったヘアケアを長年続けていたり、紫外線を浴び続けた頭皮は酸化して固くなってしまいますが、この酸化はお肌と同じく育毛にも大敵です。
酸化した頭皮の細胞は髪を生えさせる能力が減り、髪を支えることができなくなるためヘアサイクルが崩れてしまいますし、頭皮に潤いがなくなるためフケや痒みといった頭皮トラブルを引き起こすことも考えられます。
この頭皮トラブルは薄毛を進行させてしまうほか、育毛剤が効かなくなってしまう、というデメリットもあります。

というのも固くなった頭皮は血行を悪くしてしまうため、髪の毛に十分な栄養を届けることもできなくなってしまうから。
頭皮マッサージを行うとともに、頭皮に潤いを与えて弾力とハリのある状態にすることが育毛にとっては重要です。

原因3 蓄積したヘアダメージ

年齢によるものの一つではありますが、間違ったヘアケアをつづけていると薄毛の進行が早まってしまいます。

例えば市販のシャンプーなど脂を落とす効果が大きいものは必要な皮脂までも落としてしまい、頭皮の自己再生能力を奪ってしまいます。
頭皮に優しいアミノ酸やせっけんなどの洗浄剤を使うのがよいでしょう。

また長年のパーマやカラーのダメージが積み重なって薄毛になってしまうケースもあります。
薄毛とともに白髪なども気になることもあるかとは思いますが、できるだけ頭皮や髪の毛に負担の少ない溶剤を選ぶように心がけましょう。

50代の育毛剤の選び方のポイント

50代の育毛剤としておすすめなのが頭皮に潤いを与えハリや弾力を与える成分が配合されているものがおすすめです。
コラーゲンやビタミンEなどの成分は頭皮に弾力を与えるだけでなく、髪の毛にもうるおいを与えツヤのある髪の毛にしてくれる効果がります。
髪の毛の量だけでなくサラサラとした髪の毛も若く見えるポイントですので、上手に保湿してあげるとよいでしょう。
弾力を取り戻した当頭皮は、血流もよくなり髪の毛に十分な栄養を行き渡らせる効果もありますので高い育毛効果が期待できます。

また、血行を良くする成分が配合されている育毛剤もおすすめです。
センブリエキスやエビネ蘭エキスなど滞りがちな頭皮の血液を促進することで、髪の毛の成長を促すことが期待できます。

生活環境を見直すとともに頭皮にやさしい育毛剤を使うことで50代でも薄毛を改善することが可能です。
自分の薄毛の原因を分析して、自分に合った育毛剤で早めにケアすることが薄毛改善への近道になります。