20代の女性用育毛剤選びのポイント–女性向け育毛剤成分比較ランキング

女性向け育毛剤成分比較ランキング > 20代の女性用育毛剤選びのポイント

20代の女性用育毛剤選びのポイント

薄毛は年齢を重ねてからの悩みだと思っていませんか?
最近は若い女性、とりわけ20代の薄毛について悩む人が増えてきています。

20代は仕事に恋愛、結婚や出産など変化の生活の変化が大きい年代ですが、髪の毛は生活習慣やストレスに大きく関係がありますので、変化によっては薄毛の原因になってしまうことも。
またホルモンバランスが崩れれると髪の毛の成長サイクルが乱れて、髪の毛のボリュームがなくなってしまうこともあります。
そんなときは生活習慣を見直すとともに育毛剤などで髪の毛に栄養を与えてあげるとよいでしょう。

今回は20代での薄毛の原因となる代表的な二つのケースを紹介しますので参考にしてくださいね。

ケース1 出産による薄毛

髪の毛は女性ホルモンが大きく関係しているのですが、妊娠・出産中はホルモンのバランスが大きく変わります。

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンという2種類のホルモンがあり交互に分泌量が増えるのですが、妊娠するとエストロゲンとプロゲステロン、どちらのホルモンも分泌量が増加します。
しかし、出産すると妊娠前の状態に戻りますのでホルモンの量は急激に減少するのですが、このホルモンの量の変化が抜け毛の原因に。
というのも女性ホルモンのうちエストロゲンには髪の毛の成長を促進する効果があり、プロゲステロンには抜け毛を減らす効果があるといわれているので、二つのホルモンの分泌量が減ることで抜け毛増えてしまいます。

ただしこの産後の抜け毛は妊娠中に抜けにくくなっていた髪の毛が一気に抜けたもので本来は抜けていた髪の毛ですので心配する必要はありません。
ある一定期間を過ぎるとまた通常の抜け毛量に落ち着くことがほとんどですので、気にしすぎは禁物です。

また産後の不規則な睡眠やなれない育児にストレスを抱え薄毛になってしまうケースもあります。
こればかりは仕方がないですが、ある程度すれば育児も落ち着きますのであまり考えないようにしましょう。

ケース2 無理な生活習慣による薄毛

先ほども少し触れましたが髪の毛は生活環境の影響を大きく受けます。
特に無理なダイエットや食生活の乱れは髪の毛に十分な栄養が届かないため薄毛を引き起こしてしまうことも。
外食や飲み会が続く時も要注意ですので調整することも必要かもしれません。

同じように睡眠不足も髪に栄養を届けることができなくなります。
これは髪の毛は成長ホルモンと同じように寝ている間に一番伸びて太く長く成長するから。
健康的な生活を心がけると髪の毛にとっても良い影響がたくさんあるのです。

また仕事や恋愛、友人関係などストレスがたまるお肌の調子が悪くなるのと同じように髪の毛のコンディションも悪くなります。
この原因はストレスによってホルモンバランスの乱れです。
ストレスをまったくなくすことは難しいと思いますが、自分がリラックスできる環境を整えることも育毛にとっては大切なんですね。

20代にお勧めに育毛剤は?

このように環境の変化が多い20代では、お肌と同じように優しくケアする育毛剤がおすすめです。
なるべく添加物が入っていない優しい成分の育毛剤を選ぶようにしましょう。
そうすることで自分がもつ発毛のパワーを引き出すことができます。
20代はまだまだ年齢的にも自分で髪を生やす力がありますのでそれを生かさない手はありません。

またホルモンバランスを整える育毛剤を選ぶのもおすすめです。
出産による薄毛でも生活習慣の乱れによる薄毛でも原因はホルモンバランスの乱れと同じ。
これらを整えるには女性専用育毛剤で大豆エキスなどの女性ホルモンに似た構造の成分が配合されたものが効果的です。

20代の育毛剤の選び方のポイント

年齢的にも自分で薄毛を回復できる力を備えているのが20代の特徴です。
自分の持っている力を発揮できるように生活環境を整え優しいケアをすることで薄毛の改善が期待できます。

配合している成分に注目して、無添加なもの、優しい成分のもの、自分の力を引き出してくれるものを選ぶとよいでしょう。