30代の女性用育毛剤選びのポイント–女性向け育毛剤成分比較ランキング

女性向け育毛剤成分比較ランキング > 30代の女性用育毛剤選びのポイント

30代の女性用育毛剤選びのポイント

女性の薄毛といえば更年期ごろから始まる年齢的なものが一般的でしたが、近年は若い女性の薄毛が増えてきており、20代、30代で薄毛で悩む人が増えてきています。

髪の毛は女性の見た目年齢に大きく影響を与える部分でもありますから30代での薄毛になってしまうのは悩みの種ですよね。
この若い時期の薄毛はもしかして遺伝?と不安にあなる方もいると思いますが、30代の薄毛は遺伝的なものだけでなく、生活環境やホルモンバランス、頭皮環境の乱れなどいくつかの原因が考えられます。
このようにいくつかの原因が考えられる30代の薄毛の原因について詳しく見てみましょう。

原因1 ホルモンバランスの乱れ

髪の毛はホルモンの影響を大きく受ける部分ですが、これは生活環境の変化によってバランスが崩れてしまうことも。
特に無理なダイエットや食生活の乱れなどによって栄養不足を引き起こしたり、睡眠不足や就寝時間が遅くなるとホルモンが十分に分泌されずに髪の成長が妨げられてしまいます。
また30代は家族や育児、仕事などでの負担が大きくなる年代ですので自分のことを後回しにして生活環境が崩れストレスを抱えがちですが、ストレスを抱えるとホルモンバランスが崩れる原因になります。

このホルモンの中でも髪の毛の成長に特に重要なのは女性ホルモンです。
この女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンという2種類のホルモンがありエストロゲンには髪の毛の成長を促進する効果があり、プロゲステロンには抜け毛を減らす効果があるといわれており、この二つのホルモンのバランスが崩れたりホルモンの分泌量が減ると薄毛の原因となります。

また女性ホルモンが減少すると髪の毛が抜ける指令をだす男性ホルモンの影響が強くなり抜け毛を促進させてしまいます。
ホルモンバランスを整えるためにも自分なりの息抜きを見つけて生活習慣を整えるようにしましょう。

また産後のホルモンバランスの変化による薄毛や30代後半に減少していく女性ホルモンの影響も見逃せません。
産後の抜け毛は一過性のホルモンバランスの変化ですから心配する必要はそれほどありませんが、女性ホルモンの減少が早い人の場合通常40代ごろからみられる更年期症状の前触れが早く訪れてしまうこともあります。
早期更年期症状は健康的な生活習慣で多少は緩やかにできますので、基本的な生活習慣を見直すとよいでしょう。

原因2 髪の毛への負担

若いころからパーマやカラーを繰り返してきた人は要注意です。
パーマやカラーは髪の毛に負担をかけて枝毛や切れ毛などを引き起り髪の成長を妨げますし、頭皮にも負担がかかりますので毛穴が詰まりやすくなってしまうこともあります。
また市販のシャンプーで洗浄力の強いものを使い続けていると頭皮から必要以上の脂をとってしまい自己修復能力を低下させる原因に。
このように頭皮環境を正常に維持できなくなるとフケやかゆみの原因になり育毛環境が悪くなりますの注意が必要です。

また年齢とともに知らず知らずのうちに頭の皮脂量が変化し、頭皮がつまっていることも。
頭皮のつまりはフケやかゆみを引き起こし薄毛の原因となってしまいますので、ヘアケアを見直して髪の毛や頭皮へのダメージを減らすようにするとよいでしょう。

原因3 遺伝

遺伝的に薄毛になりやすい体質の場合ももちろんあります。
ただしこの遺伝は遺伝子的なものだけでなく、生活習慣を引き継いだことによるものの影響もあることが分かっています。
生活習慣を見直すことで緩和できる部分も大いにありますので、対策をたてることが必要です。

30代の育毛剤の選び方のポイント

添加物が少なく、頭皮にやさしいのは大前提として、30代の薄毛では頭皮環境を整える成分が配合された育毛剤を選ぶとよいでしょう。
グリチルリチン酸ジカリウム(甘草エキス)やビワ葉エキスなど抗炎症作用がある成分が配合されているものを選ぶと、髪の毛や頭皮をケアしながらキレイに保ってくれる効果があるのでオススメです。

またホルモンバランスを整える成分が配合されているものおすすめです。
女性ホルモンに似た作用を持つ大豆エキスや、男性ホルモンを抑制するオウゴンエキスなどがホルモンバランスを整えるのに効果的です。

生活習慣を見直すとともにホルモンバランスを整えて、頭皮をケアしながら育毛剤を使用するとよいでしょう。