シャクヤクエキス–女性向け育毛剤成分比較ランキング

女性向け育毛剤成分比較ランキング > 育毛剤成分百科 > 血行促進作用 > シャクヤクエキス

シャクヤクエキス

シャクヤクとボタンの違い、ご存じですか?一見とても良く似た花を持つ植物ですが、葉の形状をみるとその違いが簡単に判ります。観賞用として、おもに女性にファンが多いシャクヤクですが、女性の身体ケアや育毛ケアにおいて、とても心強い成分をもつ植物なのです。

シャクヤクエキスとは

東アジアを原産とするシャクヤクは、牡丹と非常によく似ており、大ぶりで華やかな花が可愛らしい植物です。そのシャクヤクの根を乾燥させ、加工したものが漢方薬として用いられています。

漢方としては、筋肉の痙攣をおさえる鎮痛作用のほか、主に女性の身体における血流の促進や婦人病・更年期障害の諸症状緩和、こむら返りなどに効果的です。スキンケアにおいては、皮脂分泌量をコントロールしながら潤いを与えたり、毛穴のひきしめ効果や美白効果もあることから、混合肌向け化粧品や自然派の美白化粧品などに配合されています。

育毛剤としての効果

シャクヤクエキスの主成分であるペオニフロリンには、炎症をおさえる効果のほか、血流を促す効果があります。フケや痒みを防いで頭皮をキレイにするのと同時に、頭皮の血流が良くなること代謝がアップし、毛乳頭に栄養を送り込む作用があります。
また、皮脂分泌をコントロールしながら保湿する効果があることから、頭皮の乾燥と毛穴詰まり両方をケアし、より効率的に育毛剤配合成分を浸透させる効果も期待できます。

成分の注意点

副作用の事例がほとんどない成分です。天然由来であることから、安心して使用できる成分と言えるでしょう。

まとめ

美白化粧品や年齢による毛穴ケア化粧品でよく用いられるシャクヤクですが、漢方薬としても育毛剤としても、女性にとって嬉しいことが多い成分ですよね。

男性用育毛剤だと皮脂の分泌をコントロールする成分の種類が多い傾向にありますが、女性用育毛剤だと、どうしても保湿効果に重きをおく傾向が強いため、皮脂コントロールが二の次になってしまいがちです。シャクヤクエキスは、保湿効果もありつつ、皮脂コントロールや血流促進効果がみられることから、非常に多機能な成分と言えます。スキンケア同様、育毛ケアでもシャクヤクエキスに注目してみてもいいかもしれませんね。