ヒアルロン酸–女性向け育毛剤成分比較ランキング

女性向け育毛剤成分比較ランキング > 育毛剤成分百科 > 保湿効果 > ヒアルロン酸

ヒアルロン酸

スキンケア化粧品において、ヒアルロン酸は定番中の定番成分といえますよね。今となってはもはや説明不要な保湿の救世主・ヒアルロン酸ですが、薄毛問題に対しても嬉しい効果がある成分と言えます。

ヒアルロン酸とは

コラーゲンと同様、スキンケアの王道成分ともいえるヒアルロン酸は、もともと人の身体に存在する潤い成分であり、目や肌の潤いをキープする成分です。

ヒアルロン酸1gで約6リットルもの水分保持力があることから、乾燥肌ケアに限らず、関節痛の軽減にも効果を発揮します。30代をピークに、体内にあるヒアルロン酸の量は年齢とともに減少します。そのため、肌の潤いが減るだけでなく、身体全体の水分量も減るため関節に痛みを感じたりします。

育毛剤としての効果

高い保湿力により、頭皮のハリや弾力を補い、フケや痒みといった頭皮トラブルを予防します。また、頭皮の角質層に存在するヒアルロン酸の働きを補助することにより、頭皮のバリア機能を高め、紫外線などの外部刺激に対してダメージを受けにくくする効果が期待できます。

ダメージ知らずの潤いに満ちた頭皮は、髪が抜けにくくなるだけでなく、新しい髪が生えやすくなる土壌にもなり得ますよね。

成分の注意点

人が生まれ持つ成分であるため、副作用の心配はまずいらないでしょう。配合量によってベタつきを感じる場合がありますが、育毛剤で配合されている量ではその問題はあまりないといえます。

まとめ

元々人間の体内にあるヒアルロン酸は、残念ながら年齢とともにその量が減少すると言われています。女性の地肌についても同様、加齢による乾燥はどうしても進行してしまいます。そこに抜け毛の問題が重なってしまうと、とても辛いですよね。

少なくなったヒアルロン酸を補うために、化粧品やサプリメントといった商品が多く発売されているわけですが、薄毛が気になる地肌に対しても、ヒアルロン酸は必要な成分といえます。乾燥が進むことにより血流が滞ってしまい、毛穴に栄養分を送り込めなくなるだけでなく、余分な皮脂の分泌を促してしまう恐れもあります。頭皮の乾燥予防はこれらの問題を予防になるだけでなく、健康な髪を生やし育てるためのヘアケア商品の成分を、効率よく吸収する土壌を作る効果があるといえます。