グリチルリチン酸ジカリウム(甘草)–女性向け育毛剤成分比較ランキング

女性向け育毛剤成分比較ランキング > 育毛剤成分百科 > 抗炎症作用 > グリチルリチン酸ジカリウム(甘草)

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草)

ニキビケア用化粧水を愛用しているひとなら、薬用成分として「グリチルリチン酸ジカリウム配合」「甘草エキス配合」と広告でアピールされているのを見たことがあるかもしれません。スキンケアに限らず、漢方薬に調合されている成分としても馴染みあるという人も多いかもしれません。そんなグリチルリチン酸ジカリウムは、女性の育毛にどのような効果があるのでしょうか?

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草)とは

化学薬品のような名前の「グリチルリチン酸ジカリウム」ですが、甘草から抽出されるの植物由来の成分です。甘草の名があらわすように、ショ糖の約150倍の甘さがあり、甘味料として使われるほかに緊張や痛みを和らげる生薬としても用いられています。漢方薬としての用途においては、現在国内のドラッグストアなどに流通している漢方薬のうち、約6〜7割の商品に甘草が調合されていると言われています。

さらにはニキビケアの化粧品、洗顔料やシャンプーに含まれる成分として、CMなどで耳にしたことがあるという人も多いかもしれません。

育毛剤としての効果

荒れがちな頭皮のかゆみや炎症を抑える抗炎症・抗アレルギー作用のほか、炎症そのものを防いで髪が育ちやすい状態にするのをサポートします。乾燥によるかゆみだけでなく、皮脂による炎症に対しても効果を発揮するのが魅力。

過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まって雑菌が繁殖したり、乾燥などによってフケやかゆみがひどくなるのを抑えます。

成分の注意点

天然由来の成分であるため、基本肌に優しい成分ですが、塗布量・摂取量に注意が必要です。薬事法により、洗い流さない用途の化粧品には100gあたり0.5%未満と配合量が定められていますが、日本で流通している育毛剤を使用する分には問題がないでしょう。

また、過剰に摂取すると高血圧やむくみ、だるさ等の偽アルドステロン症を引きをこす恐れがあるため、1日40gまでと薬事法で定められています。

まとめ

ニキビケアで発揮しているグリチルリチン酸は、育毛ケアにおいても大きな味方になってくれる成分です。ストレスや外的ダメージで傷つきがちの頭皮を、ケアしながらキレイに保ってくれるのがこの成分の特徴といえるでしょう。

肌も頭皮も、同じように清潔に保ち続けたいものですね。